友人・知人

覗き見 Vol.2 【覗き見】♀友達のオナニー。-美人OL- 美人編 | オナニーシーン 107画像

【覗き見】
いつも一緒のあの子のあんな姿
いつも一緒のあの子があんな事を
こっそりと覗くドキドキ感!
こっそりと覗く背徳感!駄目だと解っていてもいても・・・。
そんな夢かなえてくれるシリーズ!!

【未公開】vol.37 【援助】朋葉ちゃん、連続潮吹き・後背位で突きまくり。 友人・知人 | 美乳 84画像

五反田のホテル街。

相変わらず感度の良い朋葉。
スタイルも申し分なく、私も楽しむ事ができます。

本当に良い子で私もお気に入りです。

そんな彼女も感度が良すぎて潮を吹きだします。
私も弄り甲斐もあって反応を楽しんでいます。

潮を吹き出し、背面から突かれて大事なアナルまで見せつけてくれました。

vol.17 【NSちゃん】エステティシャン23歳 愛液が滲む 女子大生 | 胸チラハミ胸 73画像

【飲友イタズラ劇場】
大助さんと花子さん、2人のコンビネーションはあらゆる人を惹きつけるのでしょう!飲み友となったターゲット、知人までもが、2人の唱えた魔法には勝てません。「キャバ嬢」「美容系」「販売系」「現役女子大生」の綺麗系ギャル達を手玉に取ります。被写体のレベルの高さに注目です。

vol.38 【KTちゃん&Mちゃん】KTちゃん宅で家飲 前編 いじくり | 友人・知人 92画像

元々、繋がりのある2人。3人でKTちゃんの自宅で家飲。贅沢の極みです。2人なので魔法にはかなり苦労しました。ドリンク内に沈殿する魔法・・・。際どい場面もありましたが、ウイスキーで爆死!まずはKTちゃんから始めましたが、あの日でした。。。ちくしょー

【未公開】vol.35 遂に小春ちゃんとも・・・従順に、体を委ねて。 淫乱 | 美肌 107画像

小春ちゃんとはれいかを除いて2人で会う事が増え、
プライベートの時間を重ねていくうちに完全に私へ気を許している感じがしていました。

やがてそういったチャンスが巡ってきたのは私は見逃しませんでした。

今回は正式な体の関係が、実は2度目。

会話から始まり、自然な形が映っているのではないでしょうか。

私の指示通りに動き、不慣れな口淫も頑張ってやってくれています。

あの、カラオケルームで勝手に私が陰茎を押しこんだ口が、
自らの意思で咥えているのだと思うと興奮が止まりません。

あどけなく、ぎこちない姿が見て分かる小春ですが、
私色に染め、徐々に淫乱な性癖へと変えていく事が楽しみでなりません・・・

【未公開】vol.30 完全なる目民り姫になった小春ちゃん。 丸見え | セックス 60画像

友達のおじさんというよりは歳の離れた友達のような感覚を大切にしています。見た目以上に若く見られますから、端からは歳の差カップルくらいな感覚に見えるかもしれません。さて、勢いと流れでラブホテルに連れてきてしまいました。本人は泥酔状態でしたから、呑みこんでいない感じ。と言うよりも早く横になり眠りたいオーラが伝わってきました。小春ちゃんは着いてすぐに、トイレで戻してベッドで横になっていました。
このままやっても良いと思いましたが、挿入に関しては難しいと判断したので魔法を投入。あまりにも反応が鈍く、数回に分けて飲ませていきました。飲み終えた頃には完全に夢の中・・・力無く人形のように横たわる姿。キスをしても、手を握っても、乳房を触り乳首を摘んでも起きません。
陰唇を指でいじっても、膣口から奥まで指で犯しても起きません。完全体になった眠り姫状態です。そんな時の私の最大級の楽しみ。腹這いで犯す事。意識の無い小春が綺麗なお尻を突き出し、物欲しそうに陰唇がヒク付きます。私の愚息を飲み込み吸いつき、小春の所有する名器によって刺激され続けていきます。あっという間に迎えた絶頂。
いっその事、「中」へ出してしまおうかと思ったくらい。

残り時間は、起きてからの小春にラブホテルの言い訳を、
どうしようかと考えるので大変でした・・・。

vol.11 【Sちゃん(2回目)】現役女子大生19歳 ラブホ-前編- パンチラ | イタズラ 102画像

【飲友イタズラ劇場】
大助さんと花子さん、2人のコンビネーションはあらゆる人を惹きつけるのでしょう!飲み友となったターゲット、知人までもが、2人の唱えた魔法には勝てません。「キャバ嬢」「美容系」「販売系」「現役女子大生」の綺麗系ギャル達を手玉に取ります。被写体のレベルの高さに注目です。

【未公開】vol.53 【朋葉】別人のようになった朋葉に嫉妬して。 高画質 | 他人棒 71画像

しばらく朋葉と会わないうちに外見が随分と変わっていました。

要因として新たに出来た彼氏の存在。

会わないうちに新しい彼氏が出来ていたようです。

朋葉自身も私と会うという事はそういう行為をする事を承知の上で来ていますから、自然流れでホテルへ入りました。

まずは久しぶりに新鮮味のある体を味わいます。

彼女自身も私との交わりが一番心地良いらしく、
今後もこの関係を続ける事を望んでいました。

それでも他人棒に盗られた気持ちが沸々と自分の中にあるのがわかりました。

コトを済ませた私は朋葉とホテル内で食事をしました。
もちろん布石のためなのですが。
タイミングが中々なくて時間がかかりましたが、やっと魔法を投入。

泊まるつもりで入ったホテルですので、時間は特に気にせずゆっくり寝てもらいました。

・・・・・・寝息を立てて、力無く口から滴り落ちる唾液。

まだ犯されていないであろうアナルを照らします。

次に彼氏に何度か挿入を繰り返されたであろう膣奥をライトで照らしながら嫉妬に沸きます。

他にも私のモノを強制的に握らせてたり、私の先端から滴るカウパー液を、朋葉の唇に押し付けては糸引く様子を見て楽しんでみたり・・・。

今回は今までと違った犯し方で私なりの爪跡を朋葉の体に残していきました。
最後は・・・溢れ出た精液を彼女の膣周辺に万遍なく擦り付けて・・・